自己PRの書き方

転職時の悩みの種といえば、履歴書に記入する「自己PR」欄。
採用担当者が必ず目を通すので、ここで手抜きは厳禁です。
「是非一緒に働いてもらいたい」と思ってもらえるためのポイントをご紹介します。

1.勤務経験を書き連ねることは避ける
どんな職場にいたのかだけを書いても他の応募者と差別化ができずじっくり内容に目を通してもらえません。
ご自身の何をアピールしたいかを考えて、要点を意識しながら記入しましょう。

2.「何かを任された経験」は必ず書く
重要な仕事を任せてもらった経験は重要なアピールポイントになります。
些細なことと感じるものであっても進んで記入しましょう。

3.働く意欲や自分の長所を書く
特別なスキルがなくても、「協調性がある」「患者さんとのコミュニケーションが得意」といったことも重要なアピールポイントです。

自己PRの内容によって、採用担当者は「入職後にどんなことをやってくれるのか」を判断するため、採否のポイントになります。

くれぐれも自己PR欄が空白ということがないようにしましょう。