「人材紹介」と「人材派遣」の違いとは?

「人材紹介」と「人材派遣」は似たような名前ですが、まったく異なるサービスです。
混同しやすい名前ですので、それぞれの特徴についてご紹介します。

☆「雇用形態」が違う
人材紹介会社は求人が出ている施設を求職者に紹介するので、採用が決まった場合、求職者はその施設の職員となります。
給与は施設から直接支払われ、社会保険や福利厚生もその施設のものが適用されます。
事前にその施設の待遇面や風土などの情報を仕入れることができるので、自分が納得した職場に勤めることができます。

一方、人材派遣は人材派遣会社の職員として雇用され、人材派遣会社と契約した企業で「派遣スタッフ」として働きます。
給与は人材派遣会社から支払われ、社会保険や福利厚生も人材派遣会社のものが適用されます。
つまり「雇用契約を結ぶ事業所」と「実際に働く事業所」が異なります。
派遣先は人材派遣会社から割り振られ、派遣先で働く期間はほとんどが有期(半年、1年など)です。

今後1社でしっかりと腰を据えて働きたい、今までの経験や専門性を活かして正社員として働きたいと思う方にとって、「人材紹介会社」は是非利用していただきたいサービスです。