放課後等デイサービス「さわやか 愛の家」は、障がいを持つ6~18歳(小・中・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設です。
個別療育や集団活動を通じた、家と学校以外の居場所作りを支援し、“障がい児の学童保育”とも表現されます。

支援にあたって何よりも大切にしていることは、児童の将来を考え、それぞれの障がいと向き合い、生活スキル向上に結び付く療育を提供していくこと。
意思の疎通が難しい子どもに対しても、声のかけ方を工夫したり、道具などを用いて、発達段階に応じた療育プログラムを設定し地道に働きかけていきます。
そうした試行錯誤の末、「自分で服をたためた!」「かばんに直すところまでできた!」など、ささいな成長を発見できる瞬間がとても嬉しいんです。
子ども達が社会に安心して踏み出せるよう、将来の可能性を拓く支援に一緒に取り組んでいきませんか?

【この仕事のやりがい】
「障がい」は個性。素直で嘘のない子ども達から、たくさんのことを学ばせていただいています。
たとえ会話ができない方が相手でも、一緒に過ごすうちに不思議とコミュニケーションが図れるんです。
つないだ手を離さなかったり、私が担当でないとイヤだと駄々をこねたり…。
「必要とされている」という実感が、この仕事のやりがいです。
一人でも多くの障がいを持つ方の幸せのため、情熱をもって仕事に取り組める方、
仲間と一致団結し、笑い声の絶えない施設を共に創っていきませんか!